【※悲報※】桜が見れなくなる!?

こんにちは、らいくんです。
今は桜の季節ですね〜
僕の住む地域はまだ、満開ではありませんが、ちょうど見頃になっている地域も多いのでは?
今回は桜が見れなくなる恐れがあるらしいです!

桜が普及したのはいつ?


ソメイヨシノは樹齢60年くらいで枯れるとされています。
ちょうど今多くあるのが、60年位前に植えられたものなのです。
戦後復興の象徴として全国津々浦々に植樹されてました。
というわけで、今春かなりのソメイヨシノが伐採される予定です。
根っこも腐食して、倒木の危険性があるようです。
これから、新たに植えていくのでしょうが、時間はかかるでしょう。

長持ちする桜とは?

実はソメイヨシノは、在来種のエドヒガンとオオシマザクラの交配種で、子孫は接ぎ木によって繁栄していきました。今でも上野の桜に一号機があります。これこそが、ソメイヨシノ唯一の木であとは、すべてクローン的なものになります。
エドヒガンは下のような、桜でソメイヨシノに比べ、長寿です。見た目こそ違いますが、現存する種でもあるので、今も見ることができます。

オオシマザクラは下のような少し雰囲気の違う品種です。これも長寿で、丈夫なので子供のソメイヨシノも、全国で見られるのでしょうか。

しかし、交配種ということで、雑種なのです。そのため子孫繁栄能力に欠けるところもあります。
やっぱりソメイヨシノは、近現代日本の象徴で、心にグッとくるものがありますね。美しくて、日本の心ともいえるくらい国民的な花ですね。
この春は、多くの桜を見られる最後のチャンスになるかもしれません。
ぜひ近くの桜を見に行ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

フォローする